闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメだ、難しい

日常や仕事・愚痴
  • comment0
  • trackback-

周りに負担をかけずに彼氏に会うには? → 近所に暮らすしかない

という短絡的発想により、(どのみちこの実家は出ておきたいし)
一応調べたり質問をしてみたり したのですが……

後悔するつもりはないのですが、本当にハードモードですね。


http://okwave.jp/qa/q9070965.html

このスレッドでは、「マンスリーを視野に入れてみます」と
前向きな返事はしてみたものの、


この後、実際にマンスリーの価格を調べてみたところ
最安ですら、私が入居を想定してる単なるアパートの予算よりも
月額3万ほどお高い感じ
でした。


たしかに家具や家電が一通り揃っていて、掃除の心配すらもない?というのは
ADHDにとってもかなりのメリット
ではありますが、
先立つものがなければ そんなところにも住めません。

結局これは「学業をきちんと詰み、正社員経歴がある人物・あるいは新卒さん」
にとっての可能性の高い選択肢ではあるかもしれませんが、
「中卒でずっとパートしてただけの人間」には、無茶の中の無茶というものですね。



いや、「初期は」住めなくもない。
今ならまだ祖母から借りられるお金があるから、
それを上乗せすれば数ヶ月なら、可能といえば可能。

だがもし、その3ヶ月~7か月ぐらいの間に
仕事を安定させ、きちんと生活していくだけのお金を叩き出せなかったら?
結局、その後の引っ越し資金も用意できないまま
マンスリーの契約更新もままならない、
という最悪の状態
が目に見えます。
そしたら晴れてホームレスです。



遠目に見ても、詰んでいる、というやつですね。


でもこれはマンスリーだろうと一般賃貸だろうと、同じこと。
カードが使えるのなら、普段の買い物ように「自転車操業」を
考えることもできますが、不動産には通用しない。
それ以前に、審査通過で有利になる身分も保証人も用意できない。



餓死する前には最悪、彼の実家に転がりこめるとはいっても
あそこも 経済的にも部屋の数的にも、厳しい感じになってるので
私の勝手で余計な重荷を増やすわけにはいきませんし、確実に嫌われるでしょう。
そちらの実家にも年齢という壁もあります。



………あきらめて、彼がなるであろう生活保護下の、扶養なのか?



一番選びたくないルートですね。

そこまでして生きなきゃならないか。


なんとか正規ルートで住まいを構えられないのだろうか。




一時的にだけ扶養になって、あとから外すということは?


できる、んですよね。


でも、保護下の人は働くのNGでしたっけ…?
働けるのなら、そもそも受ける必要がないって話ですもんね。
扶養中に彼と同居で働ければ、その間に私自身の自立するお金を貯金
という道も、なきにしもあらずなのですが…
どのみち そううまくはいかんか。



いずれは考えなきゃいけないにせよ、
明るい可能性が見えなさすぎて、考えるのがイヤになってきてしまった。。。。w




そんな今日は飲み会なので、そろそろ支度します。

何かとワイワイ質問されないかだけが少し心配ではあります。
ある人には(彼氏の情報について)嘘を言い、
ある人にはある程度の真実を話していたので
そこらへんの両者が揃った場の雑談で 齟齬が起きなければいいな、という危惧ですが。
なんかあったら酒の席ですし、正直に訂正するしかないんだろうなぁ。


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。