闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も蓋もない、通り過ぎた願望

遠距離恋愛
  • comment0
  • trackback-

とあるブログの、とある近況を見て感じるところ。


考えてしまうんだ、考えないようにしようと思っても。



このまま放っておけば、私は一般水準の生活が出来ないのだと。



大枚はたいて何度も遠くへ出かける割には、それほど
広い範囲が見れてないな、などと嘆かないような“普通の”デートや、
正規だろうと非正規だろうといいから、ひとまず一定の給料を
持つ人と共働きしながら、家庭や子を育てていくような未来が。
私にも、どこかになかったんだろうか、と。


私と同じ病名を持つ某彼女さんは、
前の失恋(?)からみて、たった2ヶ月半あまりで。
そういう展開になることもあるのだ、という境地を見るに。
私が「次なんてない」という理由でウダウダと現状維持を
繰り返していたことに、何かモヤっとしたものを感じてしまう。
もちろんこれは、とてもイケナイ発言だということを承知の上。


しかし、そういった縁はきっとあくまで
魅力ある、明るく前向きにやっている人に訪れるもの。
それにあの方は、少なくとも正社員として働いていたはず。
あるいは仮に私が、そういう選択肢にこぎつけたところで
その新しい相手が今ほどの「理解」を傾けてくれるとは期待できない。
某彼女さんは、性格や価値観の不一致がおもな原因で最初別れた、
でも私の理由はそうじゃない。むしろ価値観や性格だけでいえば、
あの人以上に合う人なんて もういないとすら思う。


わかっている、そういう細々とした理由をつけて
「あるわけない」って頑なに否定してきたのも私。
だってそうでしょう、私なんぞが、
正直そんなのは、贅沢なのかな、って。
だからきっと今のままでいい。




突き詰めればこれは、



自分が幸せになりたいのか、
誰かの幸せを支援したいのか、




その二大選択を突きつけている。
私はついつい前者に突っ走る。
それを肯定する意見だって世には転がっていなくもない。
それでも、変えられない。。。



ひとりになったって、死にやしないのに。

なぜなんだろう。


むしろ相手がしんでしまうような気がするのか?
そんなのは後付けの印象だ。



共依存なんだろうか。




どこで生きればいいのだろうか。





そんな、ことより。



Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。