闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心中複雑

遠距離恋愛
  • comment0
  • trackback-

ここ数日、仕事中だろうと趣味の間だろうと
これについてずっと考えたり悩んだりし続けているので
まぁ暗い話が連日ですが、とりあえず書かせてくだしい。

書けばすっきりしたり、何を目標にすればいいかが
少しは明確になるような気がしなくもない。
ま 気休めかもしれませんが…。



【最近の出来事】

◎ あんちゃんのお引越しがめでたく完了。


モヤモヤ①
 私のほうが健康で、(学歴や障害を気にしなければ)働けてる状態なのに
 引っ越せていないということが、なんか妙に取り残されてる気分になる。

モヤモヤ②
 引っ越しても生活保護の手続きはこれからで、まだ下りていないので
 その間、彼は実質 通帳をカラのままで過ごすことになるので
 しばらくの食費や酒煙草代などを私が援助。(ご両親は…??
 TVもプレゼントしたばかりなのに、正直ゆるくない。
 私もいずれは引っ越す予定なので貯蓄必要なのだが、まず二の次。

モヤモヤ
 将来自分が向こうで暮らすことをイメージしてみても、

  • 今のような創作活動も続け、ネットでの発表の場を維持し、
     時々はM3とか行ったりすることなどを夢見てはいるも、
     実際は働きづめで趣味の時間がない現実になる可能性が高すぎる

  • 障害特性に配慮or理解されない職場環境だった場合、そもそも続くかわからない

  • 仕事が続かなかった場合、あるいはADDの金銭感覚の無さなどで、
     暮らしがどうなるかわからない

  • 買い物などに関してはむしろ若干暮らしづらくなる?

  • うっかりすれば部屋がゴミ屋敷になるかもしれない

  • 彼氏が近所に住んでると言っても、タイミングが合わずに
     相手が寝てばかりなら、私の不機嫌が増えるだけで、却って悪影響



  • などなど、
    「幸せそうな図」「楽しそうな図」が、あまりにも想像できません。
    そのせいで、どうも、心底「楽しみだなぁ」と思えない部分が
    モチベーションを下げてしまってるのは事実です。引っ越しそのものが
    たとえ可能だったとしても、何のために頑張るのかわからないのです。

    彼のためにでしょ、と言われてしまえばそれまでなんですが。

    私も結構ワガママですね。


    プライベートの人間関係だけなら
    親子関係、ご近所関係ともども
    今よりはマシになるのは確実だとは思うのですが
    それのために引き換えにするものが、意外とかなり大きい。

    前回ぼやぼやと失礼な記事を書いてしまったのも
    上記の悩みが引っかかってるのが大きいです。
    彼のことは恋愛の上では好きなんですが、それとは別に現実が苦しい。


    無論、いずれは引っ越さなくてはいけないことには変わりない。
    今の実家が回っているのは、ジジババが健在で、年金収入があるからですが
    彼らが亡くなれば、ここに暮らすことも難しいからです。
    学歴底辺の私が、岩手県の最低賃金スレスレのパートタイムで、
    土地の相続税、家の光熱費、食費雑費 全てを賄えるとは到底思えません。
    そこに、働かずに色んなモノを要求する母も同居しているので
    ふたりで金銭感覚を狂わせていたら、到底ムリです。

    ならせめて単独で、給料だけでも高い場所へ、と考えては居たのですが
    どっちへ転んでも、苦しいことには何も変わりなさそうです。

    べつに無理やり、東京じゃなくてもいいのでは…という思いも
    正直ありますが…(地価の問題で)
    だからといって、誰も知人が住んでいないような土地で何のアテもなく、
    というのも厳しいといっちゃ厳しいのでしょうね。


    で、問いたいのが、

    「今、一番自分が欲しいものは何なのか」

    そこまで戻ってしまう。

    初心ですね。

    それが定まらなければ、次の行動も決められない。


    なにせ、「あれが欲しい」とか「あれにトキメク」とか
    そういう確実な動機がなければ、無気力になってしまいますもん。
    無気力なままで、ただ働いて、職場では毎日責められて、
    趣味も継続できず、近くに居るはずの相方は頼れず、
    って状態になったらもう、簡単にポキっと壊れる気がします。


    ここまでネガティブな想定しか出来ないようなことを
    いますぐ目標に立てて、突っ走るべきなのだろうか?



    私としては、次回の春M3を見てからが決め時なのかなと思っています。

    コンピに参加し、そこのイベントの雰囲気を見て、
    「これからもここに来たい、なんとしてでも趣味や創作関連を続けたい、
    なんだかハッピーでこっちに暮らしたい」

    という単純明快な思いが持ち直せるかどうか。
    (その前後にちょうど、私が暮らすと想定した物件も拝見する予定ですし)

    逆にそれで、そこまでの魅力を感じなければ、
    この話(東京転居)は無かったことにしたほうがいいのかも、とすら感じる。
    第2希望の拠点をどこにするかまで
    一応考えておいたほうがいいのかもしれませんね。




    実は、寝ているときの夢に、
    なんの接点もないのに「船橋」という地名が出てきたことがあり
    調べたら、彼のいる京成○○駅あたりの土地からもそれほど遠くなく
    電車で余裕で行けちゃいそうな距離で、
    物件を調べても、東京で見積もったのと同じぐらいの金額で
    ものすごい快適そうな部屋が借りられるという事態に
    少し心が揺らいだりはします。まぁ一人暮らしにこんな広さは
    要らないので、金額帯は下げられるってことですよね。
    と思ったら安いとこ自体があんま無かったよ!難儀じゃなあ)


    ただこの場合、彼関係の顔つなぎでお仕事を紹介してもらう
    ということはできなくなり、自力で考えないといけないと思うので
    ADDをオープンにするかクローズにしていくかも悩みどころになるかも。



    とまぁ物件を考える作業は楽しい反面、落ち込む側面もあるので
    明日からの連勤にそなえて、このへんでやめておきます。



    Comments - 0

    Leave a reply

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。