闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断を引き止めるのは大体 打算

日常や仕事・愚痴
  • comment0
  • trackback-

行動、かぁ。


行動…って、なんだ(´・ω・`)


どこまでなら、ちゃんと動いたことになるんだろうか?



単に イヤなことから逃げる、っていうことにおいては
誰よりも速かったはずなんですけどね。

だから、習い事だって片っ端から続かなかったし、(日本語錯誤)
仕事だって、追いつめられれば3ヶ月~1年ほどでポキっと辞めてしまった。
「辞めないでほしい」と引き止められたときですら、
もう限界だからと、休日のタイミングを狙って退職届を封筒に入れ、
徒歩で行けるほどのド近所なのに、わざわざ郵送して、
本人はおうちでボイコット
したという
極度に非常識な辞め方をしたことすらある始末。
(あとで制服返しに行くとき 死ぬほど気まずかったけど。)

本当に「決めて」しまったら、
誰が何を言おうが、周りに悪く思われようが、
やっちゃうタイプの人なんだと思う、本来の私は。


だから、私が逆に決断できずにぶらぶらしている時というのは、

「我慢した分、こっちの方面ではいいことあるかも?」
みたいな打算が片隅に残ってるときだと言えます。
たぶん、まさにそれが今。ω。


だから、「足踏みせずに行動を起こしてみなよ」、という言葉を
今の私に当てはめて解釈するとしたら、
「小さな欲から捨てましょう」、みたいな感じになる。

まぁ、それは間違っちゃいないことなのだけど。。。。



私が執着しているのは、新天地への切符。
周りの人から助言を戴きつつ、土地勘のある人に案内されつつの、
ひとりの時よりは要領よくお引越しできそうな、チャンスのようなもの


リターンするとしたら、恋人以上に、まずそれを失う、という思いが実は強い。
すんごい黒いけど。


じゃあ逆にリターンした場合に得るものは?というと
ジジババが元気な間は実家暮らしが延長でき、
また燃えはじめた創作活動やら趣味やらに
お金や時間をつぎ込む猶予が伸びるわけ。

あるいは、もしかしたらの確率で、創作関連の交友関係も伸びるわけ。

でも、逆に言えば、「それだけ」なんだよね。

ある意味それは、今までの人生と比較して あまり変化がない。
いや、M3行ってみようとか、同人活動を本格的にやってみたい、とかは
一応今までは無かった感覚ですけども。


だけど、元々ひとりだった場合、この「本格的に」すら多分考えつかなかった。


学生時代は引きこもって、修学旅行すらまともに行かなかったというのに
遠距離恋愛を理由に、ひとりで東京に行くというキッカケを
繰り返したからこそ、東京駅の使い方を恐れなくなり、
いろんなとこ行ってみようかな、っていう新しい気持ちが生まれた。


それを作ったのは、あんちゃんであるということを忘れてはならない。





さて、、さっきから とてもとても黒いんですが、
このブログの存在をあんちゃん本人に明かしたのは、つい数日前です。



えっ、それまではどうしてたの?



無許可です。 Σ(゚Д゚;エーッ!



好きな人には自分の気持ちを全部筒抜けにしたい、という感じで、
mi○iだの、ブログだの、なんだのかんだの
毎度アドレスを晒すのが10代の頃の私だったけど、
本性を明かせば明かすほど失敗してるんでは?という経験を繰り返して
(それって性格が悪いっていうんですのよ!)
いつしか、「本性=自分だけのマイスペース」っていう使い方に変えてました。


まぁでも最近は さすがに知っておいてもらったほうがいいことも
増えてきたのかな、、と思い始めたので解禁いたしました。ω。。。


本性=マイスペース的なスタイルは今後も変えません。あしからず!!!
(いつものように失敗するんだろうか。



Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。