闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年齢の割には幼い」ことによる不穏な愚痴

日常や仕事・愚痴
  • comment0
  • trackback-
先日のカフェインがどうのこうのは、もしかしたら気のせいなんじゃないかと
思うターンも多い。お約束でございます。

作業着のポケットにシャチハタが入ったまま洗濯することを
すでに今月2回やらかしている、いつもの私でございます。



「名札」と「ボールペン」は確実に外し、職場のロッカーに置いて来てる。
だが、なぜか比較的サイズが小さいシャチハタは存在感が無いのか、
忘れられて胸ポケットから取り出されないまま、家に持ち帰られる。
でも私には「ロッカーに(名札とペンを)置いた映像の記憶」が残っているので
全部職場のロッカーにあるはずだと信じ込んでいて、
もちろんポケットの再確認などすることなく洗濯機にぶちこむ。


一度で学べばいいのに、なぜか2回やっている( ´д`)

3度目もまぁいつかはあるのだろう。
服への被害はないものの、インクがいちいち洩れててもったいない。



あと制服ごと持ち忘れてお隣さんから借りたのも1月にやらかした。
大体にして睡眠不足の後に起きたりするんですけどね…



さらに それとは別に、仕事ではパッとしない感じが続いています。

口頭で説明しようとしても、なんともうまく言えない「空気感」なのだが…



根本は、1月に成人式があったのが若干のキッカケだったのではないかと思う。

その日のあたりは珍しく 午前中~午後までのロング出社で、
お弁当を同僚と一緒に食べていた。当然話題は成人式絡みで、
「そこにいる人々の年齢の話題」に及んだ
わけで。

ここで私も、適当に冗談で「成人式なんてまだまだ先ですよ」とか言うべきだったんだ。
その後どんなに真実を訊かれても笑って濁せばよかったんだ。
でも実家や恋人の前とかなら少しは言えるはずのジョークも
職場では一切言えなくなるので、ほんとに真面目に
「7年ぐらい前に過ぎ去りましたよ」って言っちゃったんだよね。
(実際は、当時はずっと引き籠ってて友達のひとりもいなかったんで意義は無く、
 振袖をレンタルする金を惜しんで成人式は行かなかったのだけど。)


要するに、
それまでは私の年齢を正確には把握してなかった人々も
その昼食の場で知ってしまった
わけで。
「あれっ、思ったより若くなかったの?」「私より年上?」
「年齢のわりにはあまりしっかりしてないな?」

みたいな本音を薄ら感じた人は少なくなかったんじゃないかと思う。
周りの表情もそうだし、そこで音頭をとってるおばちゃんに至っては
はっきりそう述べてたし。ω。


まぁ、それはいいんだ。その場限りならね。
ただどうしても、普段の仕事中にも
どこかしら「空気」というのか「態度」というのか、
変わったと思える人がちらほらいるのも事実なんだよね。


要はそれまでは
「変なとこあるけど、まだ仕事に慣れてないんだ」とか
「まだ若くて世の中に出て浅いんだ」とか
私の甘さを根拠づける理由が彼らの中にはあっただろうと思うのですよ
実際、私の言動は幼く見えるだろうから。
でも、幼く見えるほどにはもう現実には若くなかったわけですよ
どうすんだかね。

そりゃ30も間近だと思えば、いろいろ非常識だと感じる所は
以前より増えたりしたんじゃなかろうか。

もちろん、べつにあの昼食の後にも
なんの態度の変化も無い人もおられるわけで
気のせいだと思いたかったが、そうでもないかもしれないんだよなぁ。



節分のときとかわりと「上記の理由」で
不愉快のオンパレードだったりしましたわ。
モロに顔に書いてあんの、もっとしっかりなさいよって

私は隣の部門から「もってきて」と頼まれたアイテムを
自分の仕事を中断して持っていっただけなので
うざがられる覚えはないのだけど、
「ハッキリ物を言わずにぼやっとしてる感じ」が嫌らしい。
それが この前の年齢の話題の後に強調された、という感じはする。

べつに感謝はされなくていいけど、
さすがにそっちに必要なものを頼まれて持って行って
そんな顔されなあかんの、
と さすがに八つ当たりじゃ?と思ったけど。
ならてめーで取りに来いやと、言わんとも思ってしまったが。)
でも発言に自信がなく声が基本小さく、ボヤっとしてるのも
また普段からの事実なので、正直なんともいえない。


一番突っ込みたかったのは、その人が
定時よりも30分前に「帰りますwwww」といって
許可も求めず誰よりも早く帰ってしまったことだった。
ひとりだけでは不公平になるからアカンと思ったのか、
上司は全員の30分前帰宅を了承。
まぁ会社的には、全員の給料30分ずつ引けるからいいかもしれんけど。
皆も嬉しそうだったし。(そういう意味では空気を作るプロか


でもなんか、あのときほんと自分的には、褪めた。白けた。
それまではコミュ力や人柄について尊敬してる部分もあった人だけど
彼女が感情で態度を変えたので なんか嫌になった。ω。


そりゃ忙しいだろうけど
そんなんどこの部門も同じだろうがよ。。。('A`)



まぁ、普段は部門が離れてるんで顔を合わせることもそんなにないし
それが幸いというところだろうか…


なーしかし…今後もその人物に限らず
「年齢の割にはちゃんとしてない」のせいで
「今まで維持できてた印象が妙に下がって起きる軋轢(?)」

少しずつ増えていくんだろうなぁ、と想像すると
明るい未来がない。
ここまで27年間、たいして成長しなかった人物像が
今後何のイベントもなしに急激に変わるなんてことが、そうあるとは思えない。


そもそも大人になるって、どういうふうにすればなれるもんなのか。
そういった当たり前の対応を、誰が教えてくれるんだろう。



そして これは発達云々関係なしに、
他の人が「学校生活」という意味で社会に属していた10年間が
私には不登校によってまるまる無い
わけだから、下手すれば
周りより10年間分、いろんなことが遅れてるわけなんですよね。
(実際、おしゃれや遠征、生計とかに関心持つのも きれいに10年ほど遅れてる)
それはどんなにがむしゃらに詰めようとしたって、埋まらないんじゃなかろうか。


当人や恋人・友人関係の間でだけなら、それでもいいや、といえる。
他の人より10年テンポが遅れていようが、
自分のタイミングで学んで楽しめれば、それでいいと。


でも定型の社会では大体そのズレは認められないだろうからなぁ。。





さて…書きたい話がこの他に複数個あるので、もしかしたら
立て続けに3記事ぐらい書くかもしれません。

後を濁さないために、まずは不調から書きまして
最後に楽しみなことで締めたいかなぁと思っています。



Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。