闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな企業も、必ずチョコでなければいけないか?

日常や仕事・愚痴
  • comment0
  • trackback-
自分のバレンタインは終わったが、
世間のバレンタインは今日。


仕事場でも、チョ○レートコロッケなるものが出ていたが…


残念なことに、形はごく普通に俵型なんだよね。


正直これはちょっと、アイデアが惜しいと毎年思っている。
いや惜しいというより、「ひねりすぎ」というか。

べつに、中身は無理してチョコ味じゃなくてもいいから、
むしろ普通のポテトとかカボチャでいいから、
コロッケの形そのものを ハート型に整形してあるとかさ。
それでいて金額は、店にもよるけど バラ売り50~100円ぐらいでしょ。

そのほうが、おかずとしては「売れ」ると思う。
惣菜を買いに来る人は、「今晩のおかずどうしようかしら」という感じで
来ているのに、チョコ味のコロッケがあっても、おかずにならない。
(実際に試食した感じ、あれは「おやつ」だった。)
それを買うぐらいなら、パン屋やコンビニでチョコドーナツでも買うだろう。

実際、ウチの店舗では まったくもって売れていなかった。


だから、惣菜はあくまで惣菜向けの客層を見たまま、
「いつものおかずをバレンタイン風の見た目にする程度」でいいと思うんだけどな。

旦那や息子への晩ご飯を並べるときに
ハート型のコロッケが手頃な値段で並んでたら、
「あら、忘れてたけど今日はバレンタインだったのね、
 これはおもしろいし味も定番だし、安いからちょうどいい」
って
おいらがオバサンだったら、うっかり買ってしまうかもしれないが。
毎回思ってる。チョコ味じゃなくて、ハート型にしろと。
そのほうが一緒に連れて来てる子供とかも注目するから。

バレンタイン=チョコレート というのは製菓会社が作ったイメージであって
本来、「愛情を伝える」ような意味の日になれば、何でもいいはずでは?
総菜屋までがわざわざ無理してチョコに乗っかることはない。
その現場らしいやり方でやればいいのに。


まぁ、きっと、チョコ味を発注する費用よりも
ハート型整形を期間限定で特注する事のほうが経費がかかる、

って話なんでしょうね、たぶんね。
このぐらいのイメージなら絶対誰でも思いついてるはずだからなぁ。


あとは、お寿司部門にも
チラシ寿司のトッピングを、たとえば中央のイクラをハート型に盛るとかさ
なんか、それだけでも「バレンタインっぽさ」で
晩ご飯に買ってく人 ちょっと居そうな感はあるのだけどな。
恒例行事に敏感なはずの日本人なのに、妙にこういうとき中途半端さを感じる。



…ので、そのモヤモヤを
「帰ったら、ハート型コロッケか、ハート盛りのチラシ寿司
 どっちか作って写真撮ろう!」


…と、思っていたのに、
何日か先に衛生チェックが待ち構えているため
突発的に大掃除残業になってしまい、いつもより30分オーバー、
そんなときに限って「米とトイレットペーパーとあれとそれとこれを買ってきて」
というおつかい頼みも入っていたし、レジは皆バイトの子でスローーだったし、
そんなこんなで帰ったら、もうメシを手作りしていられる時間じゃなかった。。ω。
独り暮らしだったら いくら遅くなろうがどうでもいいのだろうが
ジジババが食わずに待っているので、結局急いで弁当を買っていきました。
残業以上に食費に出てしもうたし。好きなものはつくれなかったし。


イヤー(´д` )


とりあえず上のアイデアは いつかやろうとは思っているので
ひな祭りかホワイトデーのときにリベンジできたらします。
忘れなければ。)




Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。