闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺様が退院、おいらは家に帰りたくない病で通院予定(?)

その他の病気・不調
  • comment0
  • trackback-
先月に予告記事だけ曖昧に書いて、しばらく放置していた話ですが

6月初旬に、爺様が入院しておりました。
流れはこうです。


夕方、爺様チャリンコでコケて、膝を悪くして帰宅。整形外科には行った。

膝が悪いまま、外小屋のトイレに行く

トイレから部屋に戻るまで 要介助で2時間ほど掛かり、
それを不便だと思ったらしく、夕飯と水分を拒否。
そのくせ、おしめの装着も拒否。

翌日、う○こが出せないらしく再びトイレで1時間以上座る

膝が悪いのと痺れで立てなくなる

2人掛かりで起こし、ポカリなどを飲ませる

数時間後、腹を壊したらしくまた小屋のトイレに座る

立てなくなるループを繰り返す

水分もメシも、腹を壊してるから要らないと言われる

そのまま夜になり、いよいよ起こせないまま暗くなってしまったので
危なく思って救急車を呼んだ


この日はたまたま公休でしたが、昼間から夜、深夜に至るまで
丸一日が爺様のトイレと救急病棟につきっきりで消えた。
次の日は入院の準備のため、有給で休ませてもらった。

おしめが余っていたので素直に使ってくれればよかったのだが
わざわざ昔の習慣でボットントイレに篭るもんだから事態が悪くなった
という感じ。入院後はさすがに慣れてくれたようです。

ただ、最初の段階では
「脱水があるのでしばらく点滴をして、1週間ぐらいで退院できますよ」
とのことだった。

が、入院して2日後ぐらいに病院から連絡があり
上述のトイレに篭ったことが原因と思われる
「横紋筋融解症」が起き、「急性腎不全」に移行しているとのこと。

ゆうかいしょう?なんぞ?
筋肉組織が壊れて、その組織の成分が血中を流れ、
腎臓に目詰まりを起こしているのだそうだ。

経過を見ても自力では回復できなさそうなので、透析しましょう、ということに。
一生ものになることも危惧したが、幸い、透析は数回だけだった。
このへんですでに、最初に言われた「1週間」は過ぎゆく。

事態は重そうに思えたが、見舞いにいった時の様子はたいてい
顔色も良く、病院食を残さず平らげ、ヘラヘラと楽しそうによくしゃべる。
よそからは呻き声や不満の訴えが流れてくる4人部屋の中で、
うちの爺だけがまるで病人には見えないという感じだった。
まぁ85歳でチャリンコ漕いでた時点で大したテンションでしょうな。

で、数回の透析で腎機能そのものは正常値になったとの話だが、
他の泌尿器系の問題なのか、未だ尿が自力で出せない傾向があるので
尿を出すための管を付けたまま生活し、管を付けたまま退院。
これは予想外だった。
入院前は自分でトイレに行ってた人なので、まったくもってイメージ出来ない。


介護申請して、とりあえず介護用ベッドのレンタルとポータブルトイレの購入。
他に必要なものがあれば、これから増えていく。
たぶん訪問サービスか、あるいはデイサービスを
月数回は使うんじゃないかなと。おもに入浴とかのため。
後者のほうがコミュニケーション取れてボケ防止にはいいとも思う。

チャリンコでコケた足はもう回復しているので
短い距離を歩かせてリハビリはやっていたとのことだが、
退院後は見ている限り、ずっとベッドの上。
尿の袋をぶらさげているから、移動は難しいのかしら??
元々よく歩ける人だったので、寝てるのが癖になるのは良くないだろうな
とは思うのだが、動くようになればなったで監視も大変になるから
やや悩ましいところ。


何よりウチは元々

 母 VS 爺
祖母 VS 爺
長いものに巻かれるおいら


という感じで全くもって家族仲が良くなかったわけで
いまさら急に優しくしましょう、なんてことには当然なっていない。
正直なところ、その空気が一番きついんですけど。



あとは、どちらかといえば爺様よりも祖母のほうに気掛かりが多く。
血管性の認知症がだんだん進んでるようで
朝の薬を、飲んだかどうか忘れて3~4回連続で飲んだり
(日付と時刻を記入したカレンダー表で管理しているのだが。)
納得したはずの話を3分後ぐらいに繰り返したり、
作れていたはずのご飯が作れなくなったり、
自分の行為を忘れて物を紛失して騒いで人のせいにしたり、
他人の物まで片づけた挙句紛失させ、「私は触ってない!」と必ず言い張る、etc

それのトラブルも相まって、かなり毎日メチャクチャになっている。
それでも、私はシッカリしているのよという自負には揺らぎがない。
そりゃあ腹は立てる。わかっちゃいるけど立てる。


なんというか、あれですね 見ていて思った、
不注意型のADHDって、認知症初期の症状に似ているものがあったのか?と。
よく予定を忘れたり物を紛失して騒いでいるところなんかは
まるでおいらの側面にそっくりだ。
(確かにそんな人が一緒に働いてたら、そりゃ周りはイライラしたんだろうな。)
でも彼女は元々は、片付け魔と呼ばれるほど、整理は得意な人だったんだけどね。
しかしそれも時代が昔へと後退しているようで、
毎日使ってるはずの食器が棚の奥へと追いやられ、
逆に10年以上は使っていないはずの謎の食器が表に現れるなどしている。
それぐらいならともかくとして。今後は一体どうなるのか。


先には大変なことしか待ち構えてないのはわかりきってるのに、
家族、近所、世間や人生への悪口ばかりを機関銃のように喋るオカンもうっとい。
昨日なんかは家に帰りたくない欲がピークだった。
たぶん生理前のやつだと思うけど。


今も定期的に現実逃避に片思いし、
21時頃になるとカラオケとか居酒屋いきてぇなーとか
ネカフェでも行こうかなーとか思ってしまう。

酔っぱらうのは 友人が居ないのと、車の事情で行けないけど。

行きだけ送ってもらえるかもしれないが、帰りはスマホがないとタクシー呼べないし
それだけのためにタクシー代かけるのもどうかなと思う。
チャリンコじゃ飲酒運転になるし。あっこは人がよく歩くので、すぐにバレて現行犯。


あ、駅まで歩けばタクシー居るか。そういえば近いんだ。。。ω。


まぁいっか。考えると本当にやるようになってしまう。
一度はやってみたいのは事実だけど
一度やったら元に戻れなくなる気がしてならない。





Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。