闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ADHDの人は結婚や交際するときにそのことを告白するのですか?」

分析・対策・治療
  • comment0
  • trackback-
ブログ村を徘徊してたら
なぜか知恵袋のデータが出ていたので
つい釣られてしまいました。


「ADHDの人は結婚するときや交際するときにそのことを告白するのですか?」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149286089



とても長文でウザい回答をしているのが私です。


まるでトラックバックテーマのような、きらめく餌。




告白するか、しないか。


正直、このブログ内で、私個人だけの意見でいうならば
「定型発達(健常)者がパートナーなら、一応伝えたほうがいいんでない?」
というものですけど。


なぜかといいますと
私の職場のほどんとは一般の方々ですけど、
その人達の観点からすると、私は頻繁にしょうもない失敗をやらかしています。
基本的にあまり周囲から信用はされていないのを感じます。

つまり、家庭でも、健常パートナーとの間で
そういう不信感が募る可能性はゼロではありません。
たいてい、「人の話を聞かないから同じミスを繰り返してる」
みたいな感じに思われてしまうのです。


しかしながら、本人たちは至って真面目に取り組んでます。
でも結果が出ないから、だんだんと性格を疑われるようになるのです。


「性格を疑われる」ことに、ADD/ADHDの人達はたぶん憤ります。
だって、真面目に頑張ってるのですから。


「コイツはヤル気がない」と思い込んでいる旦那や義両親と、
「こんなにがんばってるのに!」と憤る嫁がぶつかる。



男女は逆である場合もありますが
単純には、こうなる可能性が高い。


そうならないためには
最低限のことは伝えておいたほうが身のためだ、とは思います。


それと…これまで単純にパートナーとの生活のことばかりに注目してましたが
多くは、出産や子育てがありますよね。
自分自身の面倒すら、うまく見きれていないADD/ADHDの人が
まっとうに子育てをするには、心理的・技術的なサポートが きっと必要になってきます。

そんなときに、周りの家族が無理解なのでは立ち行かなくなります。



悪いことは言わんから、パートナーには打ち明けたほうがいい。


それで別れるような相手なら、それまでだと。



さて最後に…当事者のことを悪く書いているようで、すみません。
ADD/ADHDでも、症状の出方は様々なので、全員が同じ待遇を
受けるというわけでは決してないと思いますが、上の話は、
不注意傾向の強い私の体験に基づく主観を、やや圧し折って書いております。
不快になられた方がおりましたら申し訳ありません。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。