闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトログ①

フォト・写真
  • comment0
  • trackback-

内面的な話題についてはネタ切れを起こしてきたので
新しく作った創作活動カテゴリに突っ込む写真モードで。

IMG_1890_fc2_.jpg

去年まで PowerShot G1xという、
デジカメにしてはデカくて重くてハイエンドクラスのもの
(現在はすでに型落ちして、「Mark Ⅱ」が出ていますが)
を使っていましたが、いつからか動作がおかしくなってしまい(参考記事)
だましだまし使い続けるも、操作不能ターンが増えてきたので
開放F値がやや明るめのサブデジカメを購入(なぜ修理を先送りしたし)

いや、私は元々かなり接写が好きだったので、G1xでは
好きなだけ寄れない=好きな所でピントが合わない=思う構図が撮れなかった
という気掛かりもあり、修理ではなく思い切って違うデジカメ
買ってみたらどうなるかな…ってなってしまったのですが。
その時のチョイスがあまりにも低価格帯だったからなのか、、、


画質が物足りない
(ぶーぶー言うてるけど印象下げてはいかんので、一応ここではカメラの名は伏せる。)


F値には問題ないです。暗いところでもよく映る。軽いし持ちやすい。
急いでいたので、接写と明るさだけを重視して選んだ感じだったのですが
G1xの質感には断然勝てない。当たり前かもだが。
あとこれはチェック不足ですが、あまりにもズーム可能な距離が短すぎていた。



そんで、あまり「楽しいカメラライフ」ではなくなって以降
すっかりカメラ離れになってしまいましたとさ。
やっぱり、G1xを修理するか、分割でMarkⅡを買うかしたほうがよさそう。

安い一眼にするという選択肢は、
「金銭感覚の狂った私が、いろんな種類のレンズ買い物オンパレードになる」
「無精者の私が、お手入れ必須の一眼レフを放置してしまう」

の2点を危惧して、手を出していません。

まぁ、基本的に勉強が嫌いだから、というのも実のところ。
デジカメは直感でサクサク行くのが大きなウリ。



上の写真はかなり過去のものです。

fotologueという上級者向けのアルバムに、初心者がぬけぬけと首を突っ込んでおり
いくつかのログはあります。今眺めると不満なのも多い。ω。。。。




Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。