闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別居婚って意外と、事実上可能なのか

遠距離恋愛
  • comment0
  • trackback-

久々に、発達関係の話題から離れて遠距離恋愛ネタなのですが。


さきほど、ランキングをサーフしてたときに
「別居婚」という単語を見かけました。
遠距離恋愛のままそれをした、という方々のお話。



おや?と思ってさらにググってみると、このアドレス。


「籍だけ入れて住まいは別?いま話題の「別居婚」の実情をまとめてみた」
http://www.weddingpark.net/magazine/1735/




さて私は過去に、夢の無いログを書きました。
(ほとんどの長文はココとは無関係なので無視でいいんですが)


ただこのときは、頭の中にある思考や感情のモヤモヤを
書いてスッキリしてしまおう みたいな意図が大半で、

「どんだけ籍を入れても別々の部屋で暮らしてるとかいう
 仲悪くもないのに別居夫婦になるやもしれませんな」


なんて行を書いたはいいが、真剣にそれが可能だとは思ってませんでした。


なぜ可能だと思えなかったかというと、
その頃も他の単語で、入籍や婚姻についての手順をググったのですが
そのときに見かけたサイトでは、

「書類に、現住所・あるいは2人で暮らす予定新居の住所を書く」

みたいな情報が出ていたと思うんです。
「姓を変えて相手宅の墓に入る意志はあるが、まだ一緒に住めないケース」
とかは無いんかなぁ?と思ったものの、

それ以上の補足は、そのサイト内や検索結果には見つけられませんでした。


なので、やっぱ同居前提の住所がなきゃ当然だめなのかな、
なら引っ越し費用や同居費用がまとまってからでなければ無理だよな、

と思い込んで、それ以上調べるのはやめてしまいましたが。


なんのことはなかった。。。。(´・ω・`)




ただ、それを知ったからといって、すぐにはしないんでしょうが。


彼にも、今日の通話中チャットにポイっと上のアドレスを貼ったのですが
反応が微妙だし、あんま考えるような気分じゃなさそうだし。


付き合い始めの頃こそは、「将来こっちに籍いれたいんだよね?」などと
当然のように言ってくれたはずが (あるいは酔っぱらってたか?あれw

ほぼ毎日のように通話やビデオチャットをしていると
もはや遠距離だなんて実感がそもそもないし
2人とも おおかた別々に趣味を謳歌してますしね。。。。。
今困ってることは…少ない。

いやまぁ、カラダ的な意味では確かに遠いが。。。。


人間の恋愛感情が持続するとされる目安の
 2年だか3年リミットは、とっくに過ぎちゃってます

 そういう意味じゃ、危機ですかねー)




あとは…急いで別居婚実行しても、
あんま、大きな変化やメリットがない、というのもあるか。


変化は私のほうにはあります。
名前変更の手続き。それによって起こる色んな誤差…
各種サービスに登録した個人情報を修正しなければならん、というやつです。


あと、その事実を公開することになれば、
「入籍して苗字が変わったくせに、なぜ相手宅へ収まらない?」
同僚のおばちゃんたちから声を大にして質問攻めを喰らうことになるはず。
そこはそれなりに面倒くさいし避けたい。


今急いでやったところで、仕方がない。
じゃあ、なぜやたらと興味があるの?といえば、



今の実家の姓が嫌いだから



ほんとそれだけ。継げません。継ぎたくない。



この実家は、私が生まれる前から家庭不和みたいになっており
母VS旦那、その離婚後も、母VS実父(私の祖父)、横槍入れる祖母で油注ぎ
って感じに頻繁にバトっており
口論はもちろん、椅子を振り回す姿とか散々見せられて育ったし
さすがに今は全員歳を取ったので、そこまで激しいものもなく
いちいち恐怖なんて感じなくもなったけれど、
今でも口論となれば4人中4人(私も混じってる)が、
通じもしてない話を一方的に投げ合うような家庭です。
ほぼ毎日なんらかのトラブルが起きてギャーギャー騒いでるような家です。


一人娘なので、本来であれば、婿を取って継がなきゃならんのでしょうが
とてもじゃないが、相手が誰であれ、ここに血のつながらない第三者を
招き入れるなんて、こっ恥ずかしくて出来るわけがない。


そりゃ散らかってる汚部屋を見せるよりも、はるかに末恐ろしいことです。



気性のまともな家へ 私が嫁に行くだけであれば、その家庭内において、
頭のおかしい人は ひとりだけなわけです。ω。(うわぁ、超迷惑



まぁ、客相手の顔でもあるかもしれないけれど
彼母や彼父は、実家の両親よりもはるかに普通に話が通じる人々なので
墓に入るならこっちがいい、介護するならこっちがいい、と
悪いけれど、わりと本気で思ってしまっています。

つまり 出来るのなら早いとこ、相手側の苗字に変わりたい、という願望はある。



なお子供については、お互いの障害と経済力などを考慮して
「迂闊にはつくらない」ということで一致してるので
良くも悪くも、デメリットにおける「一人で子育て」というのもありませんし。




なんか、遠距離の話なのか身の上の話なのか
よくわからない方向に逸れてきてしまった。


とりあえず別居婚も、やろうと決めさえすればできるんだなぁ、
ということを知れただけでも収穫な感じでした。


今日は休日で散歩してきたので、のちほど写真ageます。



Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。