闇雲に行く畦道 | Neo*So

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

スポンサー広告
  • comment-
  • trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり午前は無理  決断を揺るがすアホ親子

日常や仕事・愚痴
  • comment0
  • trackback-

仕事の話。


前回、Bエリアを先にいじったことによる失敗を教訓に、
「どうやらAのエリアを先にこしらえればいいらしい」
馬鹿の一つ覚えみたいにAエリアを一生懸命やってたら
結果としてBエリアが遅れ、結果として また忠告されるはめに。

両方同時進行…
そんな器用なことどうやってするの?
他の人らは何で平然と出来るの?

ねえなんで?w


午後と違うよ、なんて言われても そんなことわかってる。
開店前までに品物を8割ぐらい揃えないといけないのでしょ。
そんな前提、頭ではわかってる。


追いつかねえよ!!11




やっぱり落ち込んだ。
そりゃ今までなら、他の人がそこそこサポートに周ってくれてはいたが
去年から今年にかけて、病気や介護などを事情に辞める人が続出したため
人数不足という物理的な意味で、サポートを貰える状態ではなくなってる。
でも自力だけで戦っても、開店後に品物がガラガラーでは
さすがに店や同僚に迷惑かかりすぎだし重圧。


でも副作用や長所損失のリスクを負いたくない私は
第三の選択肢をちょろっと考えた。チーフは今日居ないが、
かわりにどっかで店長を見かけた気がするので、
帰り際にぼそっと言ってみようかな、と。
(店長だけは、私の発達障害を一応知っている)


「午前に出るなら、他の人より出社時刻を
 30分なり1時間なり、早めてもらえませんか」
、と。



いっちばんリスク少ないの、それだわと。

幸い、朝に弱いというほど起きれないわけでもないし
私だけが追っつかないなら、スタートをその分早めりゃいいじゃん。
で、帰る時刻もその分ずらせば、残業にもならないし。
そんぐらいの時間に帰ってる人が他にもいるし。


(まぁだが、このとき咄嗟に脳裏をよぎったのは
 「5分で決められないことは、1時間あっても決まらんよ」
 という言葉がこの世にはあるということだった。



とにかく言うだけ言ってみよう と思ったが、
退勤打刻するタイミングには、店長は事務所に居なかった。
ちょうど昼時で、自分の車にでも戻って昼食してるらしい。


昼時が終わる頃にでも電話しようかな、と考えていたが
このとき車で迎えにきた母が


「カメラ持ってきたから このまま遊びにいこーよ!」


というテンションなので、天気もいいしそのままノる。

アホ親子。

携帯電話を持ってない(タブレット契約のみ)私は、
当然、家に帰るまで会社に電話はできない。



写真の収穫があまり無いわりには、帰ったら夕刻5時。



終わったね、今日も1日


終わったァーーーーー(やけくそ




これ以上嫌われるのは嫌だけど
帰り際のオフになったら、怒ってたおばちゃんも普通に雑談してくれたし
そういうのが深刻さを薄めてるっちゃ薄めてるんだろうか


でもやっぱ手は打たないとダメだよなぁ


明日かけてみようかな。と ぼやーっと思うものの。
時が過ぎれば過ぎるほど「余計なことではないか?」感が増していく。
ほんと、思ったときにやらなきゃだめだわな。


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。